天神のライブハウスがコロナで初の倒産へ アーリービリーバーズ

 新型コロナウイルスの影響で、福岡市・天神でライブハウスを経営する「アーリー・ビリーバーズ・カンパニー」(同市)が、15日付で事業を停止し自己破産申請の準備に入ったことが24日、分かった。負債額は調査中。帝国データバンク福岡支店によると、新型コロナに関連したライブハウスの倒産は全国初という。

 同社は2004年2月に設立。同市中央区の親不孝通り近くで収容人数約220人のライブハウス「アーリービリーバーズ」を経営し、カフェとしても営業していた。スタジオとしても活用されていた。

 コロナ禍で昨年4月から一時休業し、営業再開後もライブやイベントの中止、延期が相次いだ。今年に入り緊急事態宣言の再発出で経営環境がさらに悪化。事業継続のめどがたたず今月13日に閉店した。閉店前に決まっていたイベントは会場を変更して実施する予定。 (具志堅聡)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR