福岡都市高速のアイランドシティ線、3月27日開通 渋滞緩和に期待

 福岡都市高速道路の福岡市東区香椎浜からアイランドシティ(IC、東区)への延伸事業について、福岡北九州高速道路公社や市は24日、建設工事が3月に終了し、同27日午後3時から供用を開始すると発表した。

 公社などによると、延伸区間は香椎浜ジャンクション(東区)からIC内の市立こども病院近くまでを結ぶ片側2車線の約2・5キロ。工事は2016年度に着手、事業費は約401億円で、市はこのうち約126億円を負担する。

 延伸路線の通称名は「アイランドシティ線」、出入り口名「アイランドシティ」とした。延伸区間について、1日当たり約2万台の車の交通量があると見込み、市役所からICまで7分、九州自動車道・福岡インターチェンジからは6分短縮できるとしている。

 市は延伸で東部地域の交通混雑緩和や、IC地区国際海上コンテナターミナル、こども病院、青果市場などの交通需要に対応できるとしている。 (塩入雄一郎)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR