島鉄112年、最大のヒット商品 自虐ネタ「赤字」ペンの再販開始

 島原鉄道(長崎県島原市)は25日、昨年販売して10日間で計5千本が完売したヒット商品「同色赤字ペン」(税込み550円)を主要駅やネットショップで再販売する。

 「赤字会社にしか作れないものを」(永井和久社長)という発想から誕生。一見、3色ボールペンのようだが、書けるのは超極細から太字まで3種類の赤文字だけ。自虐ネタが受け、再販待ちの予約も相次ぐ「島鉄112年の歴史で一番のヒット商品」(同社)に。

 コロナ禍でローカル鉄道の経営は厳しいが、ペンの先端を飾る同社の幸せの黄色い列車に希望を託し「次は黒字ペンを出したい」。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR