感染症に向き合う意欲作を紹介「こころの色」「コロナ禍と病院通い」

茶園梨加さん寄稿

 コロナ禍を描いた小説といえば、文芸誌に発表された金原ひとみさん「アンソーシャルディスタンス」、鴻池留衣さん「最後の自粛」がある。芥川賞候補作となった乗代雄介さん「する練習」も、緊急事態宣言下を背景とする。新たな感染症を描く作品は、今後増えていくだろう。

 では、同人誌はどうか。以前紹介した白石す...

関連記事

PR

文化 アクセスランキング

PR