高額接待「辞める必要ない」 政権〝みそぎ〟強調

 渦中の山田真貴子内閣広報官は25日の衆院予算委員会で、集中砲火を浴びながらも高額な会食の目的、菅義偉首相の長男との関わりなどを明らかにしなかった。積み上がった疑問はうやむやのままだが、政権側は“みそぎ”は済んだとして区切りをつけたい考え。ただ農林水産省幹部による接待問題が懲戒処分を受ける事態に発展。野党側は「深刻なモラル崩壊が起きている」として、政府への追及を強める構えだ。

 「国民と同じ目線で国民に語る広報官としてふさわしいと言えるのか」。この日の衆院予算委。立憲民主党の黒岩宇洋氏は「適任ではない」と辞任を促した。山田氏は「深く反省し、おわび申し上げたい」と陳謝を繰り返した。...

PR

政治 アクセスランキング

PR