J1福岡人件費、17億円の見込み 川森社長が会見

 J1福岡の川森敬史社長は25日、オンラインによる記者会見で、今季のチーム人件費を前回J1だった2016年の倍近い額となる17億円以上と見込んでいることを明らかにした。川森社長は「J1で中位程度のチーム人件費を確保することは、フロントの使命と感じている」と強調。J1各クラブの19年実績などを基に福岡が試算したところ、約17億円のチーム人件費は今季のJ1で中位に相当するという。

 チーム人件費はJ1で最下位だった16年は約9億3700万円で、昨季は約10億円。コロナ禍で経営状況が厳しい中、入場料収入、グッズ販売などに加え、実施中の強化支援募金などで増収を目指す。川森社長は「厳しい状況を受け止めたうえで(昇格と降格を繰り返す)5年周期を終わらせたい」と決意を示した。

 (松田達也)

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR