危険な「前借り」防ぐには

 県警が先月末、新手のヤミ金融業者を摘発した。インターネット上で「給与を前借りできる」「借金ではない」などとうたっていたが、法定の6~19倍の金利で県内外の会社員らに貸し付けていた。「給与ファクタリング」と呼ばれる手口だ▼県警は、約600人がこの業者から金を借りたとみている。金の絡む相談をするのは心理的なハードルが高く、わらにもすがる思いで業者に借りたのだろう。私も出費が重なって困った時に誰にも相談できず、ネット情報に頼ってしまいそうになった経験がある。コロナ禍の今、一人で悩む人は多いはずだ▼暴利をむさぼろうとする業者がいる限り、たとえ堅実に生きていても思わぬ落とし穴にはまる可能性は誰にでもある。信頼できる情報をもとに対処してほしい。 (木村知寛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR