いちばんの願い 中小路ミチ子

 自宅近くのバス停で支援施設に通う親子と言葉を交わすようになった。男の子5歳、名前はGちゃん。

 ある朝、自転車に乗ったままGちゃんが激しく泣きじゃくっている。母親がなだめても収まりそうにない。「うちの子もこんなに駄々をこねた時があったなあ」と胸が痛む。

 やがて送迎バスが到着した。職員さんが「お母...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR