天ケ瀬温泉街の市道25メートル崩落 復旧めど立たず「不安」

 昨年7月の記録的豪雨で被災した大分県日田市天瀬町湯山の天ケ瀬温泉街で、玖珠川の護岸を兼ねる市道が長さ約25メートル、幅約2メートルにわたって崩落し、車が通行できなくなっている。復旧のめどは立っておらず、唯一の車道として利用していた上流部の3軒の住民が不便を強いられている。

 市土木課によると、19日午前10時ごろ、近くにいた工事関係者がコンクリート市道の崩落に気付き、市に連絡した。けが人はなかった。...

関連記事

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR