鳥栖新市庁舎、23年利用開始へ 設計見直し、完成1年遅れ

 佐賀県鳥栖市は26日、市議会総務文教委員会で、入札の中止で遅れている新庁舎の建設計画について、設計の一部見直しと新たな建設スケジュールを明らかにした。当初計画より1年遅れて今夏着工、2023年5月ごろの利用開始を目指す。

 新庁舎は現庁舎北側の運動場に建設する計画。22年5月の利用開始を目指し、昨年7月に工事の入札を行う予定だったが、参加を予定していた共同企業体(JV)が資材価格や人件費の高騰などを理由に辞退し、工事は始まっていない。

...

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR