平松洋子、姜尚美著『遺したい味 わたしの東京、わたしの京都』

 敬愛する人から美味(おい)しいものを教わる格別の喜びが満ちた往復書簡集。食に関する取材や執筆で知られるお二人が東京と京都から、街の一角で長く愛され続けるお店の魅力を綴(つづ)る。

 相手を慮(おもんぱか)る言葉に始まり、季節の移ろいや変わりゆく街の様子を伝え、店に刻まれた歴史と遺(のこ)したい今の...

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR