高橋礼一瞬ひやり 投内連携プレーに「反省」

 3回無失点に抑えた高橋礼が、ひやりとする場面があった。七回2死一、二塁の場面で、田城に一ゴロを打たせ、一塁ベースカバーに入ったが、ベース上で足を滑らせ打者走者と交錯しかけた。けがにつながりかねないプレーに工藤監督からも指摘を受け「反省点。しっかり(ベースの)角を踏めるようにしないといけない」と戒めていた。

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR