北九州4失点黒星スタート 新体制振るわず

 北九州はチーム最高タイの5位と躍進した昨季の主力選手の多くが移籍し、新体制での戦いが注目されたが、失点を重ねて黒星発進となった。

 前半29分、コーナーキックから新潟に先制点を許した後、同41分に六平のロングパスを受けた富山が同点弾を決めた。

 後半は相手陣に攻め込む場面も目立ったが、12分と15分に立て続けに失点し、30分にも追加点を許した。小林監督は「攻守の切り替えをもっと早くしてプレーの連続性を出し、チームの連係を深めていきたい」と誓った。 (壇知里)

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR