【DC街角ストーリー】「まだまだ一寸先は闇だよ」

 ワシントン支局に地下鉄で通勤する際、よく最寄り駅の二つ手前で降りていた。時間は10分ほど長くかかるが、ホワイトハウスを間近に見ながら歩く景色が好きで、市民デモが頻繁に開かれる公園もあって取材にも好都合だった。

 だが今、それはかなわない。昨年、人種差別反対運動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」の再燃で、デモの一部が暴徒化したほか、大統領選絡みのデモも相まって警備が強化された。公園などの外周には柵が設置されたままで、選挙後は一時、態勢が緩和されつつあったものの、今年1月の議会襲撃後、また厳しくなった。...

残り 866文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR