細谷3位 マラソン2戦目で歴代6位タイム びわ湖毎日マラソン

 黒崎播磨の25歳、細谷恭平が日本歴代6位の2時間6分35秒で3位に入った。マラソン2戦目で2時間8分30秒を目標にしていたといい、「だいぶ仕上がっている実感はあったけど、6分台までいくとは思わなかった」と本人も驚きの快走だ。

 1キロ3分ペースの第2集団でレースを進め、30キロすぎでペースメーカーが外れた後もほぼ同じラップを刻んだ。前の集団から落ちた選手を1人ずつ抜き「後ろを見ずに抜いていくスタイルが合っていた」と振り返った。

 茨城県出身で、中央学院大時代は箱根駅伝に3回出場。「これから上がっていくチームが面白いと思った」と入社した黒崎播磨で地道に力をつけた。初マラソンだった昨年のびわ湖の2時間28分台から大きくジャンプアップ。「駅伝ではチームを引っ張り、個人ではマラソンで世界を狙える選手になりたい」と新たな目標を掲げた。 (伊藤瀬里加)

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR