ミモザ満開「絵本みたい」 北九州市・到津の森

 北九州市小倉北区の動物園「到津の森公園」で、綿状の黄色い花を咲かせる春の花「ミモザ」が満開となり、家族連れなどを楽しませている。同園によると、見頃は今月上旬まで。

 ミモザは、オーストラリア原産のマメ科の樹木で、高さは5~8メートルほどになる。春になると綿帽子のようなふわふわした黄色い花がこぼれ落ちるようにして咲く。

 園内には約100本のミモザが並び、九州有数の名所として人気だという。北九州市内から家族で訪れた幼い女の子は「絵本の世界にいるみたい」と喜んでいた。

 イタリアでは8日を「ミモザの日」と定め、女性にミモザの花を贈る習慣があることから、同園は同日の来園者にトラとレッサーパンダのイラストを描いたマグネットをプレゼントする。先着100人。 (姫野一陽)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR