福岡23人感染 4人死亡

 福岡県では28日、新型コロナウイルスの感染が新たに23人確認され、60~80代の4人の死亡が判明した。新規感染者は2日連続で50人を下回った。

 公表自治体ごとの感染者は県10人、福岡市5人、北九州市6人、久留米市2人。

 佐賀県では40~70代の3人が感染した。いずれもクラスター(感染者集団)が発生した佐賀市のカラオケ喫茶関連。長崎県では2人が陽性と分かり、うち1人は、クラスターに認定された佐世保中央病院の入院患者だった。

 熊本県では70代夫婦と同居の息子ら計4人の陽性が判明。大分県では2人の感染が分かった。宮崎県と鹿児島県では感染者が確認されなかった。

PR

社会 アクセスランキング

PR