「反教育」先鋭化し孤立 オウム事件に自問

自称革命家 外山恒一の闘い (3)

 1988年に高校を中退した外山恒一(50)は、以後十数年、ジェットコースターのように浮き沈みの激しい活動家生活を送る。

 89年に高校や親との軋轢(あつれき)を描いた「ぼくの高校退学宣言」で著述家デビュー。同時期、福岡市のビルの一室に「反管理教育中高生ネットワーク・DPクラブ」のスペースを開設した...

残り 2969文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR