「クローン」に宿る千年前の精神

 平山郁夫などの偽作の版画が大量に流通していることが発覚し、問題化した。職人による偽作らしいが、覚えのある腕を制御して有効に活(い)かせなかったのだろうか。

 「スーパークローン」は3次元計測撮影といった最先端のデジタル技術による再現文化財で、保存と公開という難しい役割を果たす点に価値がある。例えば...

関連記事

PR

文化 アクセスランキング

PR