空自3曹「1分遅刻」で懲戒処分 日米豪訓練間に合わず 芦屋基地

 航空自衛隊芦屋基地(福岡県芦屋町)は1日、正当な理由がなく約1分遅刻したとして、芦屋救難隊の30代の男性3等空曹を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 同基地によると、空曹は昨年2月7日、日米豪共同訓練参加のために海外への出発を控え、他の基地に出張していた際、前日夜から基地の外で飲酒し、朝の始業時間に約1分遅れた。

 始業の2時間前、空曹が基地内の宿舎にいないことに同僚が気付き、捜したが見つからなかった。その後、駅で寝込んでいた空曹と携帯電話で連絡が取れ、空曹はタクシーで基地に向かったが、ぎりぎり間に合わなかったという。訓練には急きょ、予備要員が向かった。 (菊地俊哉)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR