OP戦開幕 鷹、本拠地スタンドに「ファイト!九州」

 プロ野球は2日、福岡ソフトバンク-中日(ペイペイドーム)とオリックス-ロッテ(京セラドーム大阪)の2試合からオープン戦が始まった。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から2月中の沖縄県内での試合が全て中止となっていた。

 ペイペイドームは上限1万人の有観客で実施。当初は5000人の予定だったが、福岡県に発出されていた緊急事態宣言が2月末で解除されることを受けて緩和。左翼席は昨年の黄色基調のイベントユニホームを使用して「ファイト! 九州」と文字がつくられた。

 春季キャンプは無観客で実施。大声での応援は禁止されているが、今年初めて生で目にする選手の動きにファンの笑みが広がり、お目当ての選手名がコールされると、手を振ったり、拍手したりする姿が見られた。オープン戦は21日まで本拠地球場を中心に開催され、セ、パ両リーグは26日に同時開幕する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR