“友情の校歌”甲子園に響け 大崎高のCD、小浜高吹奏楽部が制作

 長崎県雲仙市の小浜高吹奏楽部が、春の選抜高校野球大会に初出場する大崎高(西海市)の校歌のCDを制作した。甲子園球場で流す校歌の音源が必要になった大崎高から依頼され、吹奏楽部の部員が急ピッチで仕上げた友情のエール。3日の野球部の壮行会で初披露される。

 1月末に甲子園出場が決まった直後、大崎高は大会事務局から歌唱付きの校歌が入ったCDの提出を求められた。だが手元には音質の悪いものしかなく、同高の吹奏楽部は部員が2人しかいない。急きょ同高の英語教諭が、大学で声楽を専攻し、別の高校で同僚だった小浜高吹奏楽部顧問の小嶺政和教諭(39)に制作を頼んだ。

...

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR