九電、2年ぶり黒字の見通し

 九州電力が2日発表した2021年3月期連結決算の業績予想で、純損益が220億円(前期は4億1900万円の赤字)と2年ぶりの黒字になる見通しとなった。九電は1月29日、電力需給の逼迫や卸電力市場価格の高騰を受けて昨年10月に公表した通期予想を「未定」としていた。

 予想売上高は10月公表値と比べ3・...

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR