5歳餓死、母と知人女を逮捕 食事与えず致死容疑 福岡・篠栗町

 福岡県篠栗町のマンションで昨年4月、5歳の男児に十分な食事を与えず餓死させたとして福岡県警は2日、保護責任者遺棄致死の疑いで、母親の無職碇(いかり)利恵容疑者(39)=同町尾仲=と知人の無職赤堀恵美子容疑者(48)=同=を逮捕した。赤堀容疑者はこれまでに、碇容疑者から繰り返し現金をだまし取ったとして詐欺容疑などで逮捕、起訴されている。県警は、生活費を詐取され一家が困窮したとみて調べている。

 逮捕容疑は2019年8月ごろから、碇容疑者の三男翔士郎ちゃんの食事量を減らして衰弱させ、昨年4月18日、自宅で餓死させた疑い。碇容疑者が翔士郎ちゃんの意識がないことに気付き、搬送先の病院で死亡が確認された。搬送時には自宅に赤堀容疑者もいた。

 捜査関係者によると、翔士郎ちゃんの死亡時の体重は5歳児の平均(18・9キロ)を大きく下回る約10キロだった。

 碇容疑者は、翔士郎ちゃんと小学生の兄2人と暮らしていた。県警は、赤堀容疑者が頻繁に訪れて生活費や食事の量を管理、翔士郎ちゃんの健康状態を把握していたとして、共犯関係が成立すると判断。碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は「食事の管理はしていない」と否認しているという。

 赤堀容疑者は19年6月から約1年間、うその浮気調査などの名目で、碇容疑者から現金約200万円をだまし取るなどしたとして起訴された。県警によると「預かっただけだ」などと供述しているという。

 複数の関係者によると、町には翔士郎ちゃんが通う幼稚園から「体重が減っている」と心配する声が寄せられていた。町の担当者らは碇容疑者に会おうとしたが、そのたびに赤堀容疑者が間に入り「母親は対人恐怖症で会えない」などと応対、面会が困難だったという。 (木村知寛、森竜太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR