海自新護衛艦「もがみ」進水 三菱重工長崎造船所

 海上自衛隊の新型護衛艦の命名・進水式が3日、三菱重工業長崎造船所(長崎市)であり、「もがみ」と名付けられた。人員不足に対応するために乗員は従来の半分程度の約90人とし、掃海船艇が担う機雷の捜索や除去もできるのが特徴という。

 海上幕僚監部によると、もがみは全長133メートル、基準排水量3900トンで多機能型の護衛艦の1番艦。...

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR