「初心思い出し乗り越える」長崎県央看護学校、82人が卒業

 長崎県諫早市の諫早医師会立長崎県央看護学校で3日、卒業式があり、准看護師と看護師を目指す19~57歳の計82人が、医療や看護の現場に臨む決意を新たにした。

 卒業生は2年間の高等課程(准看護科)が44人、准看護師として働きながら昼間定時制で3年間学んだ専門課程(看護科)が38人。それぞれ2月中旬に県准看護師試験と看護師国家試験を受験し、合格発表を待つ。...

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR