子どもの成長願い流し雛 佐賀市の佐嘉神社で神事

 桃の節句の3日、願い事を書いた紙のひな人形を小舟に乗せて川に流す「流し雛(びな)神事」が、佐賀市松原の佐嘉神社であった。2004年に始まり、今年で18回目。参拝者は子どもの健やかな成長などを願った。

 神事ではみこが神楽などを奉納。ひな人形約300体を流した。生後6カ月の一翔(いちか)ちゃんと参加した、同市の関谷知香さん(31)は「初めて見た。(子どもは)男の子だけど健康に育ってほしいと願いました」と話した。 (米村勇飛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR