大垣行き夜行

 東京駅と大垣駅(岐阜県)を結ぶ臨時夜行快速列車「ムーンライトながら」の運転が終了した。普通・快速乗り放題の「青春18きっぷ」で乗れるため人気を集めたが、車両の老朽化などで姿を消した。これに乗ったことはないが、前身の普通列車「大垣行き夜行」にはお世話になった。

 午後11時すぎに東京駅を出て、うまく乗り継げば翌日昼前に大阪に着いた。大学の長期休み、この列車で関西の友人をよく訪ねた。座席を確保するため何時間も並び、硬いボックスシートで眠った。きついけど、普通運賃だけでいい。金はなくても時間だけはあった時代の思い出だ。

 ネット上には惜しむ声があふれている。「青春の一こま」という昭和世代も少なくない。だけど、もう一度大垣行き夜行に乗りたいかといえばノーだ。行列する気力や無理な姿勢で寝る体力は失われ、金がかかっても迷わず新幹線で行く。思い出は思い出のままが美しい。 (塩田芳久)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR