流水型ダム、環境への影響は「住民と確認」 熊本県議会で知事

 熊本県議会定例会の代表質問が4日始まり、球磨川の最大支流・川辺川への流水型ダム建設について、蒲島郁夫知事は「環境に配慮して整備が進んでいるか、住民と一体で確認する仕組みを検討している」と改めて述べ、事業の進捗(しんちょく)状況を積極的に公開する姿勢を強調した。

...

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR