16年目の熱男「自分との勝負」

 ベテラン松田は泰然自若の構えだ。紅白戦、練習試合、オープン戦を合わせた今春の実戦で計16打数2安打、打率1割2分5厘だが「三振はあまりしてないし、内容も悪くない」と前を向く。若手の台頭もあまり見られず、16年目の今季も三塁を任される見通し。「誰が打った、打たないは考えたことがない。人のことは関係ない。自分との勝負が一番大事」と先を見据えた。

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR