南極越冬活動を故郷柳川市で報告 観測隊員の堤さん 

 柳川市大和町出身で今年1月まで約1年間、南極・昭和基地で第61次観測隊員を務めた堤大陸(だいち)さん(27)が4日、市役所を訪れ現地での活動を報告した。

 堤さんは伝習館高から鹿児島大を経て、名古屋大大学院理学研究科で電波天文学を専攻。越冬隊には休学して参加した。

 基地では地磁気や大気を主に観測...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR