いつか必ず花は咲く 野田かつひこさんがコロナ禍の応援歌発表

 コロナ禍の不安が続く世の中を元気づけようと、福岡県久留米市三潴町のシンガー・ソングライター野田かつひこさん(55)が新曲「アサガオ~For the better new life」を発表した。アサガオなどを歌った2月末の無観客コンサートの映像を、今月7日から動画投稿サイトユーチューブ」で配信する。

 郷土の歴史や文化の曲が多い野田さん。新型コロナウイルスがテーマの曲を作るため、コロナ禍の悩みや不安を50人近くに聞いた。自身も音楽活動を制限され収入が激減。インターネットで、アサガオは花を咲かせるために寒さや暗闇が必要だと知り着想を得た。約1年かけて曲が完成した。

 バイオリンやフルートの音色をバックに、野田さんはギターをかき鳴らして力強く歌う。

 ♪いつか必ず花は咲くから-。

 曲中で何度も繰り返すフレーズに「コロナ禍を乗り越えれば、よりよい未来が待っている」とメッセージを込めた。

 ユーチューブの公式チャンネルで、7日午後7時から無料配信する。野田さん=0942(64)5791。 (平峰麻由)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR