新型コロナ、福岡37人感染

 福岡県で4日、新たに37人の新型コロナウイルス感染が確認された。3日と同数だった。内訳は、福岡市6人、北九州市4人、久留米市2人、3市以外の県内が25人。新たに判明した県内の死者はいなかった。死者がゼロだったのは1月17日以来。

 福岡市の2人は福翔高校(南区)の生徒で、既に感染が判明している別の生徒と同じ学年。市教育委員会は5日までの学級閉鎖を学年閉鎖に切り替えた。

 県は、4日までの感染者が30~70代の入院患者計6人となった「英彦山病院」(添田町)を新たなクラスター(感染者集団)発生と認定した。

 熊本県内では、熊本市の女性2人の感染が新たに判明。熊本市は4日までに、専門学校「湖東カレッジ」(同市東区)で学生5人が陽性と確認されたことから、クラスターと判断した。

 佐賀県では3人、大分県では1人の感染が判明。新規感染者がいなかったのは3県で、宮崎、鹿児島両県は2日連続、長崎県は4日連続。

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR