旅立ちの春、“桜並木”が見送り JR長崎駅、高校生にお祝いと感謝

 新幹線駅舎を建設中のJR長崎駅の新駅舎と旧駅舎をつなぐ仮通路に一足早い“桜並木”が登場し、歩行者の目を楽しませている。

 今春卒業する高校生らにお祝いと感謝を伝えようとJR九州長崎支社が企画。約1万枚の桜の花びらをかたどった色紙を通路の壁面に約40メートルにわたって飾り付け、社員たちからの激励のメッセージを盛り込んだ。

 「新型コロナウイルス禍で将来に不安を抱える人に希望を持ってもらえれば」と広報担当。花びらには5枚だけハート形が隠れているとか。感染を気にせずに立てる満開の春が早く訪れますように。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR