「水害リスク流域で共有を」球磨川治水巡り学識者提言

 7月の熊本豪雨で氾濫した球磨川流域の治水策を検討する流域治水協議会(国土交通省九州地方整備局、熊本県)は5日、昨年12月に続き2回目となる「学識経験者の意見を聴く場」(座長・福岡捷二中央大教授)をオンラインで開いた。河川や街づくりなどの専門家8人が、流域治水の進め方や水害リスクの共有などについて提言した。...

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR