柳田と千賀、投打の両輪が12日実戦復帰へ 春季教育リーグ中日戦

 ともにリハビリ組で調整中の福岡ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)と千賀滉大投手(28)が、12日の春季教育リーグ・中日戦(タマスタ筑後)でそろって今季初の実戦に臨む予定であることが分かった。

 天敵ロッテを迎え撃つ開幕戦の2週間前に、投打の両輪が実戦の舞台でそろい踏みする。

 柳田は12日の復帰戦こそ指名打者での出場が見込まれるが、3連戦中に守備に就くことも想定される。小久保ヘッドコーチは「(オープン戦最後の)5試合は本番モード」と話しており、順調なら関東遠征後に行われる16日のオープン戦DeNA戦(ペイペイドーム)から1軍戦に出場するとみられる。

 春季キャンプは両アキレス腱(けん)の不調で出遅れるも、最終盤にダッシュを再開。5日のフリー打撃では快音を連発。その後、定位置のセンターで30分間、打球を追い続けた。

 両ふくらはぎのコンディション不良で出遅れていた千賀は5日、塁間を全力疾走し、柳田とともに瞬発系のメニューを消化するなど体調面の問題はほぼクリア。7日にシート打撃に再び登板。12日の中日戦では30~40球をめどに登板することになる。

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR