寄付する価値にも関心を

 黒毛和牛、うなぎ、タラバガニ…。寄付に対する返礼品を受け取るため、ふるさと納税を始めた人も多いのではないだろうか。だが、最近は地域課題への取り組みを応援するため、返礼品を目的としない寄付を選ぶ人が増えつつあると聞いた。

 子どもの貧困対策など、自治体のプロジェクトに共感した人から、この制度を利用して、クラウドファンディングで資金を募る仕組みだ。例えば、子ども食堂を開設するため電化製品の購入資金に活用したいとか、児童養護施設の入所者が高校卒業後、進学先の学費などに充てる給付金として使いたいなどだ。それぞれのプロジェクトで寄付金をどのように活用するのか、具体的に説明している。

 返礼品が目的だと、寄付金の使途には関心が向きにくい。だが寄付する価値を見いだすことに興味を持てば、ふるさと納税に対する評価や考え方が変わるきっかけになるかもしれない。(岡部拓也)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR