会社社長の車を銃撃の2人に実刑 福岡地裁、9年と7年

 北九州市小倉北区の駐車場で2008年、建設会社社長の車が銃撃された事件で、殺人未遂や銃刀法違反の罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組幹部の小田尊嗣(52)、土屋隆夫(48)両被告の判決が5日、福岡地裁であった。神原浩裁判長は小田被告に懲役9年(求刑懲役15年)、土屋被告に同7年(同12年)を言...

PR

社会 アクセスランキング

PR