男児搬送先で母親に口止め? 5歳餓死、逮捕の女

 福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女が逮捕された事件で、男児が救急搬送された際、知人の女が母親に対し、病院内で「警察にボスのことは言うな」などと口止めをした疑いがあることが、関係者への取材で分かった。県警は、男児の死をきっかけに、架空の話を用いた母親への金銭要求が発覚することを女が恐れ、隠蔽(いんぺい)しようとしたとみている。

 逮捕されたのは、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)。赤堀容疑者は、事件と無関係の女性を「ボス」と呼び、碇容疑者に「旦那さんが浮気している。ボスが調査費を立て替えてくれている」などとうそを言い、現金を繰り返しだまし取ったとされる。

 関係者によると、三男の翔士郎ちゃんは昨年4月18日、自宅で意識を失った。碇容疑者から連絡を受け訪問した赤堀容疑者らが119番し、福岡市の病院に搬送された。碇容疑者は病院で医師に「助けてください」と懇願。待合室に入ると、同行していた赤堀容疑者が「ボスのこと、浮気のことは警察に言うな」と指示したという。翔士郎ちゃんは意識が戻らないまま、死亡が確認された。

 当時の赤堀容疑者の言動について、碇容疑者は「自分はそれどころじゃないのに、こんなことを言うんだと思った」と関係者に話しているという。

 赤堀容疑者は別の日には、生活困窮の理由を「パチンコで使った」と説明するよう求め、2人がやりとりしたスマートフォンを壊すよう指示。碇容疑者は実際に破壊した。

 県警によると、赤堀容疑者は容疑を否認しているという。

(木村知寛、山口新太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR