「揺れ」感じ続ける日本の姿 高橋源一郎『恋する原発』

酒井信さん寄稿

 高橋源一郎らしい、シリアスな問題をユーモラスに骨抜きにする作品である。「あきらかに、末期症状じゃないか」「どんなに馬鹿(ばか)馬鹿しい作品を作っても現実の馬鹿馬鹿しさには到底かなわない」といった原発事故を引き起こした現代日本への問いが作品全体を貫く。震災や原発事故の経験を悲劇として美化することに抗...

関連記事

PR

文化 アクセスランキング

PR