中国海警法「国際法に合致」 王毅外相会見、内政干渉と米批判

 【北京・坂本信博】中国の王毅国務委員兼外相は7日、北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて記者会見した。沖縄県・尖閣諸島周辺で活動する中国海警局に武器使用を認めた海警法について「特定の国を対象としていない。国際法に完全に合致している」と述べ、東京五輪と来年の北京冬季五輪で日中関係をより改善したい意向を示した。一方、対中圧力を強める米国を「民主や人権を旗印に内政干渉し、世界に多くの面倒を引き起こして動乱の根源となってきた」と批判した。

...

関連記事

PR

国際 アクセスランキング

PR