バッジ着けてSTOP!児童虐待 田川市が無料配布

 田川市は、児童虐待防止の啓発を目的にしたピンバッジと缶バッジを作成し、無料配布している。以前はチラシで呼びかけていたが、市担当部内で「市民の目にとまりにくい」との意見が出たため、身近な上着やバッグに付けられるバッジにして、より多くの市民に児童虐待防止への理解を深めてもらう効果を狙った。

 バッジには、児童虐待防止運動のシンボル「オレンジリボン」をあしらい、その中に市のマスコットキャラクター「たがたん」の親子が仲良く手をつないだシルエットを描いた。

 標語は、英語で「STOP!! Child Abuse」(ストップ!! 児童虐待)とした。英語にした理由について、市担当者は「田川を含め子どもたちの悲惨な虐待死が相次いでいる。『これ何て書いてあるん?』から、一人一人が自分事として議論を始めるきっかけにしたかった」と話した。

 バッジは、防止月間の昨年11月に製作した各200個がなくなったことを受け、市も出資する自治体新電力会社「Cocoテラスたがわ」が各500個(23万円相当)を市側に寄付した。市子育て支援課の窓口で希望者に配布している。 (吉川文敬)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR