被災者に寄り添い10年「家族」に コロナ禍…日田から電話欠かさず

 東日本大震災の被災地支援に取り組んできた大分県日田市のボランティア団体「チーム大分」代表梅山忠信さん(80)は、現地で知り合った人たちを「親戚」と呼ぶほどの深い付き合いを続けている。コロナ禍で会えない今も、数日おきに交わすたわいない連絡が待ち遠しい。震災がつないだ東北と九州の強い絆だ。

 阪神大震災などでボランティア経験がある梅山さん。10年前、被災地の惨状をニュースで目にし、チームをすぐに立ち上げた。同行者を募り、寄付を集め、現地へ。民家や農地の泥出しに汗を流した。

...

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR