福岡知事選、自民分裂回避へ、奥田元国交局長が出馬を断念

 小川洋知事の辞職に伴う福岡県知事選(25日告示、4月11日投開票)に、出馬の意欲を示していた元国土交通省局長で運輸総合研究所(東京)専務理事の奥田哲也氏(59)が8日、立候補を断念すると表明した。 

 奥田氏は自民党本部で二階俊博幹事長と面会後、記者団に「幹事長から『分裂を回避して福岡のために協力してほしい』と承った。その思いを重大に受け止めなければならない。残念ながら立候補しない」と述べた。

 党福岡県連は同日の幹部会合で、副知事の服部誠太郎氏(66)を推薦候補とすることを決定。9日に党本部に申請する。一部の県選出国会議員に奥田氏を推す動きがあり、2年前に続いて自民分裂選挙になる可能性も浮上していたが、同党の支援候補は服部氏に一本化されることになる。

 知事選ではこのほか、共産党が候補者の選考を進めている。 (郷達也、御厨尚陽、華山哲幸)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR