柔道東京五輪決定戦で惜敗の丸山 パリに照準、接近戦磨く

 柔道の男子66キロ級で東京五輪代表を逃し、2024年のパリ五輪へ再スタートした丸山城志郎(ミキハウス)=福岡・沖学園高出身=が9日、母校の天理大で練習を公開した。昨年12月の東京五輪代表決定戦で阿部一二三(パーク24)に惜敗した悔しさを乗り越え、年明けに練習を再開した27歳は「目標の一番奥にパリ五輪があり、一つ一つの階段を上る」と力を込めた。

 延長戦に突入し、24分間の死闘となった代表決定戦。「全力を出し切ったので、すぐ次に向けて動き出せた」と振り返るとともに、体を浴びせてくるような大内刈りに屈した点を反省。「競った試合は接近戦が多い。力ずくでねじ伏せるような強い体が必要と感じた」と下半身を中心に鍛え直している。この日の稽古でも得意の内股より大外刈りの打ち込みに時間を割くなど、接近戦を意識した動きを披露した。

 4月の全日本選抜体重別選手権(西日本新聞社など共催)や連覇が懸かる6月の世界選手権(ブダペスト)で「進化した自分を見せる」と意気込んだ。 (末継智章)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR