周東が決勝2ラン 残りのオープン戦、アピールに燃える

 二塁の定位置取りを狙う周東が、決勝2ランを放った。同点の六回。1死一塁で1ボールから平内の直球を、右中間テラス席に運んだ。試合を決める一発となったが「1本の本塁打より2回出塁する方が得点につながると思う」と、オープン戦5試合で2割1分1厘という出塁率の低さを反省。最大の武器である俊足を生かすためにも、オープン戦残り9試合でのアピールに燃えている。 

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR