東北3県の震災孤児支援に170万円 西日本新聞民生事業団

 西日本新聞民生事業団は11日、東日本大震災で親を亡くした孤児を支援する岩手、福島、宮城3県の育成基金に総額170万円(岩手、福島各60万円、宮城50万円)を送った。民生事業団では大震災が発生した2011年3月の翌年から毎年、読者などから寄託された支援金の送金を継続している。累計額は6880万円。

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR