ミュージシャン続々輩出 ASKAが語った福岡の「大きな思い込み」

福岡スタア倶楽部―2000(平成12)年11月29日 西日本新聞―

 この夏、韓国で日本語によるコンサートをやり遂げた人気デュオ「CHAGE&ASKA」。そのASKAさんは今年後半、ソロ活動の時期だ。七月に八枚目のソロシングル「good time」を出し、現在全国ツアー中。飾らない人柄で知られるASKAさんらしく「チャゲアス解散?」といったきわどい質問にも率直に答えてくれた。

  ―十一月十四、十五日、福岡市でのライブは迫力がありました。アンコール含め二十曲、まったく休みなしのシャウトでしたね。

  ASKA ぼくのシャウトを聴くとすっきりするというファンが多いので、ライブでは全開で“歌い倒す”ようにしてます。実は十四日に張り切りすぎて、のどを痛めてしまって。その夜はのどの疲れを取るために首の周りをぐるぐるテーピングして寝ました。...

残り 988文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR