妊婦の遠隔医療機器開発 メロディ・インターナショナル尾形優子社長

 産婦人科用の電子カルテを作る会社に続き、2015年に2度目の起業。遠隔で妊婦や胎児の状況を確認できる医療機器とシステムを開発している。機器はコードレスで手のひらサイズ。自宅などで妊婦が自分で機器を当て計測したおなかの張りや、胎児の心拍データが医師に送られる。

 当初は鹿児島県・奄美大島など離島の病...

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR