手あてとしてのアート 知足美加子

 自然災害、疫病-。「昨日と繋(つな)がらない今日」を生きなくてはならない私たち。人として何ができるのかと問うた時、私にできることはアートであった。私の復興支援アートは、心や環境の亀裂を「手あて」しようとする祈りや、贈与に近いものである。

 これまで、新潟県中越地震(2004年)や東日本大震災(11...

関連記事

PR

文化 アクセスランキング

PR